自分のアタマで考えよう ちきりん著


知識は過去。思考は未来。


自分のアタマで考えよう 自分のアタマで考えよう
ちきりん 良知高行

ダイヤモンド社 2011-10-27
売り上げランキング : 8247

Amazonで詳しく見る by G-Tools


「考える」という行為はどのようなことをいうのでしょうか。

一般的には目の前にある事象に対して、自分のアタマの中にある情報を

もとに、「ある一定の結論」を導くことをいうのでしょう。

では、その考えるために必要なコトとはなんでしょう。

「知識」でしょうか。それとも「情報」でしょうか。

答えは、「考えるための基準とプロセス(思考の仕方)」です。

 

本書は社会派ブロガーのちきりんさん

 自分のアタマで考えるための思考の仕方

について記載した一冊です。

例をもちいた考え方のプロセスが書かれていて、

非常に読みやすかったです。

 

■決めるプロセスは具体的に

物事を決めるのに一番重要なのは、情報ではありません。

一番重要なのは、「決めるプロセス」と「基準」です。

 

会社の中でも優秀な人が集まって会議を何回こなしても、

決めるためのプロセスが決まっていなければ、

何も結論がでない会議が何回も繰り返されるだけです。

 

この「決めるためのプロセス」は具体的でなければなりません。

数字ベースで判断するのであれば、その項目を軸に判断する事になります。

私は職業柄かもしれませんが、作業フローをよく書きます。

作業をするために必要なインプットは何なのか、判断基準に用いるのは

なんなのか、それを明確にしないと、モヤモヤしてしまう性分みたいです。

(ちょっとメンドクサイやつです)

 

■2つの問い

ある数字を見る際に必要な問いは2つであると著者は述べています。

その2つとは、「なぜ?」「だからなんなの?」です。

「なぜ?」とは、数字の背景を探る問いです。

数字は何かの現象や活動の結果なので、すべての数字には理由があります。

「だからなんなの?」と、「過去の結果がこの数字に表れているのだとしたら、

次はなにが起るのか?それにたいして自分はどうするべきなのか?」と、

データの先を考える問いです。

この2つの問い対する答えを考える事で、数字を正しくとらえる事ができます。

数字はファクトなので、その経緯と「自分ごと」としての今後を見るためには、

非常に有用な問いです。

 

■分析はまず比較から

物事を分析するためのスタートは「比較」であると著者は述べています。

また、比較には2つの種類があります。

①自・他の比較

②時系列の比較

詳細な説明は本書をご覧いただくとして、個人的にはこの部分が

一番ためになりました。

今後の自分のキャリアを考えるのに、活用できればと思います。

 

■編集後記

ちきりんさんの著作を読むのはこれで2冊目になります。

ブログの方も拝見していますが、ちきりんさんの視点は

個人的にはとても好きです。

 

本書もそうですが、抽象化されたメソトロジでなく、

具体的な事例(ご自身の経験)から生み出された考え方で、

非常にわかりやすいです。

私も自分の判断基準と分析軸をもって物事を「考える」ことが

できるようになっていきたいです。

 

■関連エントリー

マーケット感覚を身につけよう ちきりん著


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*