ハーバード、オックスフォード…世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方 福原 正大著


自分の思考軸を作るために必要なこと


ハーバード、オックスフォード…世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方 ハーバード、オックスフォード…世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方
福原 正大

大和書房 2013-10-23
売り上げランキング : 28204

Amazonで詳しく見る by G-Tools


グローバルにビジネスを展開していくと、様々なバックボーンを

もつ人たちと付き合うことになります。

そのような環境では、「自分はどんな人間なのか」といったことを

正しく相手に伝えるということが非常重要なことです。

 

このような画一的な答えがないものを考えるベースになるのは、

単なる知識ではなく、いわゆる「教養」です。

 

本書では、

 「認識」「国家」「自由」「経済」「科学技術と自然」

という5つのテーマで考えることの重要性が記載されています。

 

哲学的な要素が多いので、本エントリーは引用中心に書きたいと思います。

 

■「認識」を磨く

「あなたはどんな人間なのか?」

この難題に向き合うにあたり、私は「認識」という一つの

キーワードを取り上げてみようと考えました。

「認識」こそ、その人自身を表す大事な要素だと考えるからです。

 

分類的な言い方をするならば、あなたの認識の仕方は、

より「アナリティック(分析的)」なのか、

より「ホリスティック(全体的)」なのか、

そんな尺度で考えることが可能です。

 

日本の文化のなかでは「まずグループがあり、その上で

個人がある」という順番が自然にまかり通っていますが、

決してそれが世界のスタンダードではありません。

 

出来事や事柄に対して、自分はどのように捉えるか/考えるのか、

ということを深く考えることは非常に難しいです。

 

■「自由」をつかむ

基本的に人は自由。

でも、他人に迷惑をかけるような勝手な振る舞いをしてはいけない。

(ジョン・スチュアート・ミル)

 

自由=人間が本来的に持つ道徳観(理性)に従って行動すること

(イマヌエル・カント)

 

完全な自由と完全な平等が成り立っている社会が理想だが、

現実的にそんなことは起こりえない

(アレクシ・ド・トクヴィル)

 

自由とはなにか、どういう状態が自由なのか。

平等とは本当により事なのか。難しい設問です。

 

■「経済」を知る

資本主義の社会では、自分のお金で、好きなものを

自由に買い(あるいは売り)、それを自分の所有物にすることができる。

 

市場価格は、商品に対して自然価格を支払う意識がある人々の

有効な需要に左右される。

(アダム・スミス)

 

資本主義が成功し、大企業化が進むと、世の中はどんどん社会主義的に

なっていく。そうシュンペーターは指摘しました

 

資本主義、社会主義の考え方の違いは正しく理解しておきたいところです。

近代史にも通じるところがあると思うので。

 

■編集後記

この本はいつも読んでる書籍よりも読後に疲労感が残りました。

理由は簡単。「いつも考えてないことが多いから」。

 

自分の思考が偏っている事がよくわかりました。

哲学的なことはあまり得意ではないですが、自分自身の

考え方の軸を知るという意味で、本書のテーマはじっくり考えなければいけませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*