ビジネスは30秒で話せ! Kevin Carroll, Bob Elliott著


メッセージは商品であり、ブランドである


ビジネスは30秒で話せ! ビジネスは30秒で話せ!
Kevin Carroll Bob Elliott 高松 綾子

すばる舎 2015-01-16
売り上げランキング : 2943

Amazonで詳しく見る by G-Tools


「最近どう?」とエレベーダーで会社のお偉いさんに尋ねられた

とき、適切に状況を報告できるか?

「エレベーターピッチ」でよく用いられる例ですね。

 

このような状況は度々あるものではないですが、

ビジネスをする上でコミュニケーションは非常に重要な要素です。

 

本書では、コミュニケーションを行う上で必要となる要素、

その目的や簡潔に伝えるべき構成について記載されています。

構成については、「ダイヤモンド・モデル」というモデルを

利用して、会話の始め/中/終わりといった段階で何を

伝えるべきか、ということが論理立てて説明されています。

 

沢山話しているのに、中々伝わらない、とコミュニケーションに

苦労している方にオススメです(短くて読みやすいです)。

 

■メッセージは商品である

自分が発するメッセージはそれ自体が「商品」です。

曖昧なことばかり発したり、正確性の欠いたメッセージは

その人自身の商品(ブランド)価値を下げてしまいます。

 

コミュニケーションの基本はメッセージを構築し、

正確に伝え、受け取る側に知ってもらう or 動いてもらうことです。

 

■受け手は誰か?

独りよがりなコミュニケーションにならないためには、

受け手のことを考えなければいけません。

WIIFM(What’s in it for me?):私に何のメリットがあるの?

受け手のメリットを考え、その上に自分が伝えたい事を

載せる事は円滑な伝達に重要な要素になります。

 

■ダイヤモンド・モデル

本書では話の構成を考えるためにダイヤモンド・モデルという

モデルが紹介されています。

 

詳細は本書を参照していただくとして、このモデルを利用すると

導入部分から結論まで、伝わりやすいメッセージを作る事ができます。

モデル要素についても、ポイントが紹介されていて、すぐにでも

使えるようになっています。

 

■編集後記

自分がなりたいように演じていれば、

そのうちそれが本当の自分になる

本書の中でこんな一節が引用されていました。

「なりたい自分」とはどんな人物か。

ざーっと書き出してみましたが、「欲張りだな」と思ってしまうくらいの

理想ばかり書いてしまいました。

そんな「理想」に一歩でも近づけよう日々精進していこうと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*