ビジネスセミナー2010「最強」リーダー育成講座に参加しました


先週の金曜日(2/26)にエリエス主催のセミナーに参加してきました。

タイトルは

『課長の教科書』酒井穣氏×土井英司が

スペシャルコラボレーション!

「最強」リーダー育成講座

~今、もっとも身につけるべき11の成長戦略~

です。

 

参加動機は、

 ・土井さんが語る「リーダー像」を知る

 ・酒井譲さんの人材育成に関する話を聞く

という2つです。

 

セミナーに参加して、これ以上の収穫を得る事ができました。

 

セミナーの内容自体はオフレコですので、私の感想を簡単に書きます。

(みづらくてすみません。。。)

 

■リーダー人材の考え方

 リーダーとしてビジネスを行うには、「広い視野」が必要。

 広い視野をもつためには、知識/経験ともにそれなりの量を蓄える必要がある。

 知識を蓄えるためには、簡単に読める本ばかり本でいてはいけない。

 自分の仕事をする上では、どのような書籍が必要な知識になるかを

 考える必要あり。

 もちろん、それをもとに実際のビジネスからのフィードバックを受け、評価する。

 

■戦略思考

 「戦略」の有無をきちんと見極められる能力が必要。

 IT業界でいえば、クラウドやオフショアの流れの中で、人月というビジネスモデルは

 いずれ破綻するだろう。

 それに変わる新たなビジネスモデルを作り上げられた企業のみが

 生き残る事ができる。

 また、個人に関してもキャリアに対する戦略が必要。

 漫然と仕事をこなしているだけではダメ。

 先々を見据える力が必要になる。

 

■人材育成

 人材育成はマネージャーの問題としてとらえる必要がある。

  ×「育たない」のは部下の問題

  ○「育たない」のはマネージャーの問題

 

 「自分をあきらめない」という言葉が印象的だった。

  →「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト」にも同様の記載あり

 

■感想

 非常に収穫の多いセミナーでした。

 私がいままでもっていた「リーダー像」より、土井さんが語ってくれたものは

 マクロな視点を持ち、成長条件もより具体的でした。

 

 酒井譲さんはとても話の上手な方で、思わず聞き入ってしまいました。

 人材育成に対する考え方を改める必要があるな〜と

 つくづく思いました。

 

 【酒井譲さんの書籍】

はじめての課長の教科書 はじめての課長の教科書

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-02-13
売り上げランキング : 940
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書) 「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)

光文社 2010-01-16
売り上げランキング : 64
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

■編集後記

 やりたいけどやれていない事柄が日々頭を巡っている今日この頃。

 ひとつずつ一歩ずつこなしていきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*