派遣社員のためのリスク管理と上手な働き方 小岩 広宣著


「攻めの派遣」という選択 


派遣社員のためのリスク管理と上手な働き方―これだけは知っておきたい! (DO BOOKS) 派遣社員のためのリスク管理と上手な働き方―これだけは知っておきたい! (DO BOOKS)
小岩 広宣

同文館出版 2009-05-12
売り上げランキング : 12962
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


著者より献本御礼

去年のリーマンショックから、日本では「派遣社員」に

ついての話題がメディアを賑わすことが多くなりました。

そこで、取り上げられる内容はほぼ100%ネガティブな内容で、

「派遣社員はつらいな・・・」というイメージを持つような

物ばかりです。

本書は、自身も派遣社員の経験をもち、

現在は人材派遣専門の社会保険労務士をしている著者が

派遣社員として働くためのマインドや

知っておくべき法律などを例を交えながら説明しています。

本日からアマゾンキャンペーンも行っています。

詳細は後述します。
 

■派遣社員のイメージ

 今の時代は、「派遣切り」に代表されるように、

 派遣社員に対してネガティブなイメージが広がっています。

 しかし、派遣社員として働くことのメリッドや知っておくべき

 最低限の知識をもっていれば、やりがいを持ちながら働くことができます。

 →私は派遣社員として働いたことはありません。

  なので、世間一般同様、派遣社員に対してネガティブな

  イメージをもっていました。

  ただし、本書を読むまでは。

 派遣という働き方にメリッドがないとすれば、

 ここまで様々な業界に浸透するとはなかったでしょう。

■派遣のメリッド

 それでは、派遣での働き方のメリッドとは何でしょうか。

 それは、「フリーランス感覚」を身につけることができる

 ということです。

 <フリーランス感覚>

  派遣は基本的に期間限定である企業にて働きます。

  「即戦力」として期待されている部分も大きく、責任の重さや

  決断力が求められ、フリーランス的な感覚で働くことができます。

  →多くの職場で働く経験というのは、正社員として働いている

   人たちよりも多く積むことができますね。

   ビジネスパーソンとしての経験値はあがりそうです。

■派遣社員のトラブル3つのパターン

 派遣社員が遭遇するトラブルは大きく分けて

 3つのパターンがあります。

・「派遣元」労使トラブル型
・「派遣先」現場トラブル型
・「コンプライアンス」遵守トラブル型

 トラブルに遭遇した際に果敢に立ち向かうためには、

 「自分の意見の根拠」をしっかり持つことです。

  本書では、トラブルに立ち向かうために必要な

  法律知識や「トラブル解決実践編」として、

  実際のシチュエーションを交えながら解説が書かれています。

■必要なマインド

 派遣という働き方は自由度が高い反面、デメリッドもあります。

 派遣社員として働き、次のステップへ進むために

 もっておくべきマインドは「将来の自分をイメージする」ことです。

 「今」のみを見ていると、キャリア形成という視点が

 欠落してしまい、不本意な結末が想定されてしまいます。

■感想

 派遣社員の実情というのは、メディアを通じてでしか

 知りませんでした。

 しかし、本書を読んで派遣社員もマインドをしっかり

 もってやっていれば、メリッドも多い働き方なんだな、

 と知ることができました。

 また、本書に出てきた法律知識は、普通の企業に勤めている

 方も知っておいた方がいい内容が多かったです。

 <アマゾンキャンペーン>

 5月14、15日のアマゾンキャンペーンでは、

 6点の豪華特典があるそうです。

  ⇒ http://www.bookcampaign.com/koiwahironori/

■編集後記

 派遣社員とは違う部類に入りますが、

 「フリーエージェント社会の到来」が読みたくなりました。


フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか
Daniel H. Pink 池村 千秋

ダイヤモンド社 2002-04
売り上げランキング : 20474
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*