『J-College 第28回 御立尚資さん』に行ってきました


今日、第28回J-Collegeに行ってきました。
今回の講師は、ボストンコンサルティング日本代表の御立尚資さん。
内容は御立さんの著書でもある『戦略脳を鍛える』についてでした。


戦略「脳」を鍛える 戦略「脳」を鍛える
御立 尚資

東洋経済新報社 2003-11-14
売り上げランキング : 1749
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


この書籍を読まずに参加したので、どのくらいの内容が
書籍に含まれているかはわかりません。
が、聞いた内容は本編から質疑応答までとても濃いものでした。
今回も問題がない程度に感想を書いていきます。


■戦略とは
戦略とは、一般的に「ありたい姿-現状」という式で成り立ちます。
このギャップを埋めるのがコンサルタントのシゴトであり、
戦略というものとして定義されています。
戦略には今まで培われてきた定石というものがありますが、
定石だけを当てはめればすべてうまくというものではありません。
なぜなら、「ありたい姿」は企業によって違うものだからです。
となると、定石を超えたユニーク戦略を立てることが必要になります。
ユニーク戦略は以下の式にて成り立ちます。
『ユニーク戦略=定石+インサイト』
■定石とは
定石については、様々な経営戦略として世に出ています。
ただ、それらを単純化すると2つに単純化することができるとのこと。
(単純化した結果は、伏せておきます)
定石を知る例として、以下のことの話がありました。
・鉄道バブル
・インターネットの普及
・Web2.0
個人的には定石というより、これらのキーワードの本質を
掴んだ内容だと思いました。
■インサイトとは
インサイトの構成要素は以下の2つです。
・スピード
・レンズ
今回はレンズについての話がありました。
レンズとは『思考のレンズ』のことです。
自分が考えていることの前提を変えてみたり、
視点を変えてみたりすることで、違った答えが発見できるというものでした。
レンズを使った例として、以下の内容のお話がありました。
・1999年のインターネットバブル
・団塊の世代マーケット戦略
2つ目の「団塊の世代マーケット戦略」で話されていた内容は
今回の講演内で個人的に一番印象的でした。
「へ~、へ~、そうなんだ!」と思うことばかりでした。
■まとめ
今回のセミナーも中身の濃いものでした。
質疑応答も質問する方の内容の質が高く、御立さんの
受け答えにも熱が入っていました。
印象的だったキーワードを一つ上げます。
『自分の思考のクセを見つける』
私はこれまで意識したことすらありませんでした。。。
今後はちょっと意識してみます。
■関連エントリー
『J-College 第26回 小田真嘉さん』に行ってきました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*