「アイ・カンパニー」の時代 小笹 芳央 小畑 重和著


自分を探す時代は終わった


「アイ・カンパニー」の時代―キャリアを鍛える。モチベーションを高める 「アイ・カンパニー」の時代―キャリアを鍛える。モチベーションを高める
小笹 芳央 小畑 重和

中央公論新社 2003-04-11
売り上げランキング : 147454
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


「アイ・カンパニー」とはなんでしょう?
時代の変化と共にビジネスマンは『個人ブランド』
確立する必要性に迫られてきました。
「アイ・カンパニー」とは個人を一つの企業として捉え、
その経営目標、事業ビジョンなどを明確にするものです。
それらを明確にすることで、自分の向かう道がわかり、
常に選ばれる存在に近づくことが可能になります。
本書では、「アイ・カンパニー」という考え方を
例を交えて説明しています。


■個人と企業との関係
個人と企業の関係が時代と共に変わり、「終身雇用」の崩壊と
言われてずいぶん経ちます。
これは、個人と企業の関係が「相互拘束関係」から「相互選択関係」へ
変わったということです。
『相互拘束関係』
 企業側が終身雇用を約束することにより、個人も
 労働生涯その企業で働くという関係
『相互選択関係』
 企業側が個人を選び、個人も企業を選ぶ関係
 契約制度、プロジェクト主義、実力主義などのもの成り立つ
■個人ブランドの確立
個人と企業との関係が変わったことで、個人に求められるものの
質が高くなりました。
今まで、「その他大勢」の中に紛れていても雇用が約束される
わけではなくなったためです。
質を高くするためには、『個人』のブランドを確立する必要があります。
■自分株式会社という考え
『自分株式会社』とは、個人を一つの企業として捉えます。
そして、以下の視点でこの会社を経営します。
・やりたいこと
・やれること
・やるべきこと
この視点は、スキルの棚卸しや自分の強み・弱みなどが
わかりやすくなり、自分を『育てる』材料がわかります。
■まとめ
この考え方は非常に合理的なものだと思います。
私が感じたことは『マイ・カンパニー』はスタンスである、
ということです。
自分の置かれている状況を再認識させてくれ、さらに
今の仕事に対する取り組み方も改めさせてくれます。
このスタンスにバランス・スコア・カードの考え方を
組み合わせることで、より今の自分が判ると思います。
【関連サイト】i-Company


☆個人ブランド
☆キャッチフレーズ
☆筋力
★★★★★+状況再認識


書評後記
自分の勤めている会社のビジョンがよくわからないという話を
よく聞きます。そして、私も言います。
でも、そんなとき「あなたのビジョンは?」と聞かれたらどうでしょう。
私は何も答えれません。
『自分のビジョン』を明確にすることが2007年の命題になりました。


マップ create by jude-think
アイカンパニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*