会議でヒーローになれる人、バカに見られる人 吉岡英幸


仕切られる側の会議術


会議でヒーローになれる人、 バカに見られる人 会議でヒーローになれる人、 バカに見られる人
吉岡 英幸

技術評論社 2005-11-05
売り上げランキング : 85354
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ビジネス社会には、「仕切る人」と「仕切られる人」がいます。
そして、世の中の圧倒的多数は、「仕切られる人」です。
この「仕切られる」側の人が会議で「ヒーロー」に
なるには、どう振舞えばよいのか?
本書はこの問いに答えてくれます。


本書の構成は大きく
[会議における参加者のタイプ分析]
[シチュエーション別振舞い方]
に分かれます。
1.会議における参加者のタイプ分析
本書では会議での参加者のタイプを「ギロン戦隊ジューレンジャー」と
称して分類しています。
このタイプ分析は非常に面白く、読んでいて
「こんな人いるな~」と思わず感心してしまいました。
例えば、
「時間のない世界からの使者”ナガインジャー”」
「重箱の隅を宇宙に変える”ツツクンジャー”」
「熱いトークでサムさ炸裂”スベルンジャー”」

など、身近に居そうな人たちをうまくあらわしています。
また、これらの○○ンジャーの撃退方法なども書いてあります。
2.シチュエーション別振舞い方
本書で述べられている会議におけるシチュエーションは
以下の3つです。
1)業務会議
 会社での一般的な会議。
 上下関係などが合意形成に大きく影響する。
2)社外交流会
 自己顕示欲の戦いの場。
 合意形成は必要としない
3)グループワーク
 公平なステージ。
 例えば、研修など。
これらのシチュエーション別にどのような振る舞いを
すれば、「頭がいい人」と思われるのか。
仕切れらる側がどのようにすれば、進行に関われるのか。
といったことが書かれています。
本書は、いままでの「会議本」とは一味違った内容で
新鮮でした。
言葉の定義も巧みで、著者の「比喩力」の高さはすごいの
一言に尽きます。


☆意味の素因数分解
☆「損」をしない
☆ジューレンジャーに見る会議
お薦め度:★★★★☆+会議でプラスに見せる


書評後記
社会人になってから、今までいろんな会議に
参加してきましたが、「ナガインジャー」はいろんなところに
いました。私自身そうならないように気をつけます。
人の時間を奪ってしまうのは、非常に罪なことだと
最近よく感じています。


マップ create by jude-think
会議でヒーロー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*