「できる人」の時間の使い方 箱田 忠昭著


5分時間が空いた。さて、あなたは何をする?

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~ 「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~
箱田 忠昭

フォレスト出版 2005-11-16
売り上げランキング : 6067
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

昼休み5分前に、仕事に区切りが付きました。
こんな状況になったとき、時間管理ができている人と
そうでない人との差がわかります。


時間管理ができている人は、「5分」「10分」という「すきま時間」に
やれることのリストを持っています。
例えば、
・メールの返信をする
・午後のスケジュールを見直す
・会議室の予約をとる
など、ちょっとした時間でやれることを管理しています。
これができていない人は、ふとした瞬間に
「あっ!あれやってない!」となります。
私はどちらかというと後者に属しています。
先日紹介した「時間の教科書」でも書きましたが、
まだまだ時間管理の修行が足りません。
本書では、「できる人」の時間術を目標管理術やプロセス管理術など
を交えながら紹介しています。
時間管理の基本は『今』何をするのかということ
本書の中で出てくるこの言葉には重みがあります。
「まぁ、いいや。今度にしよう」と先延ばしにしてしまう癖が
ある私には特に・・・。
「まぁ、いいや。」となりそうなときには、
「ステップイン・テクニック」というものが有効です。
これは、「最初の四分間を全力で行う」というもの。
簡単に言うと、先延ばしにしようとしていることを
「四分間」取り組んでみる。この「四分間」波に乗れる、
ということです。
いますぐにでも、実践可能なことですね。
本書には、著者が定義した様々な言葉があります。
例えば、
・「モケジフォの法則」
・「クリスマスツリー・マネジメント」
・「ステップイン・テクニック」
など。
事柄を要約した言葉を作れる人というのは、
本当にすごい人だと私は思います。
時間の迷路にはまっている人にお勧め。


☆目標と願望の違い
☆打つ手は無限
☆「居は気を映す」
お薦め度:★★★★★+「今」が大事!


書評後記
今年も残すところあと1ヶ月になりました。
今年の初めに立てた目標はほとんど達成できてません。
「来年こそは!」と言いたいところですが、
「今日(今)から」改めて目標達成に向け頑張ります。


マップ

できる人の時間の使いかた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*