ストレスフリーの仕事術 デビット・アレン著


やりかけ仕事の管理術

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン David Allen 田口 元

二見書房 2006-05
売り上げランキング : 2329
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

毎日仕事に追われて家ではほぼ寝るだけ。
そして、朝起きて会社に行くと沢山のタスクに囲まれて
あっという間に一日が終わり、また家に帰って寝る。
こんな毎日の繰り返しをしている人、結構いると思います。
現代の仕事の特徴は、「終わりが明確でない」ことです。
ここから始まって、こういう状態になったら終わりという定義が
明確でないことで、「やりかけ」の仕事が増えてきます。
「やりかけ」の仕事が残っていることでのデメリットは沢山あります。
その中でも一番良くないのは、「頭の中にずっと残る」ということです。
他の仕事をやっていても、頭の中には「やりかけ」になっている
たくさんの仕事が残っています。
GTD(Getting Things Done)は、「やりかけ仕事」を頭の外に
出して、ストレスフリーで仕事をしていこう!という手法です。


本書では、ストレスフリーで仕事をするための52の法則が
紹介されています。
「創造力を発揮する」「集中する」「枠組みを作る」
法則は大きく分けて上記3つに分類されていて、
それぞれとてもためになる事が書かれています。
例えば、
・やりかけの仕事はすべて頭の外で管理する。
 そうすることで「心のメモリ」が増える。
 そうすることにより創造力が発揮される
・なぁなぁで仕事をこなしても仕事に追われるだけ。
 常に集中して「ベストを尽くす」。そのために、
 何をするのがベストか?を自分に常に問う。
・自分の頭の中の「やりかけ仕事」は自分が信頼できる
 システムに落とし込む
などです。
※私なりの解釈で書いているので、本書の記載とは異なります
本書を読むことで、自分を見つめなおすことができました。
何が自分の生産性を妨げ、どのようにすれば改善できるのか。
少しずつでも改善の習慣化ができればと思っています。


☆ アイディア創造術
☆ vs 自己ブレスト
☆ ストレスフリー
お薦め度:★★★★★+心のメモリ


書評後記
2週間も更新サボりました。
理由は自己管理不足です(反省)


マップ

GTD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*