マインド・マップ活用術 トニー・ブサン著


5感+α


コミュニケーションに奇跡を起こす マインドマップ活用術 コミュニケーションに奇跡を起こす マインドマップ活用術
トニー・ブザン 田中 孝顕

きこ書房 2005-04-20
売り上げランキング : 175761
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


この本はタイトルに「マインド・マップ」とついていますが、
マインドマップの本ではありません。
「コミュニケーション」を鍛えるために、マインドマップを
どのように活用すればよいかを紹介している本です。


コミュニケーション力が高い人はどういう人でしょう?
1.知識が豊富でどんな人と議論しても負かしてしまう人
2.初めて接する人でもすぐに仲良くなってしまう人
3.話はうまくないけど、どんな話でも真剣に聞いてくれる人
3つの中でコミュニケーションに長けている人は2,3の人。
1の人はコミュニケーション力は高くないです。
本書では「コミュニケーション力」を
「話す力」と「聞く力」の掛け合わせ
と定義しています。
どちらに偏っていても他人と正しい(楽しい)意思疎通は
できません。
例えば、
話す力に長けていて、聞く力に乏しい人は「ディベート」を
好む傾向があり、相手に「好印象」を残す可能性は低い。
本書では、右脳+左脳+五感でコミュニケーションを行うための
ポイントを事例を交えて解説しています。
途中にコミュニケーション力テストもあり、自分の今の力が
わかります。
ちなみに、私は26/45で「標準以上」だそうです(ホントかな??)。
本書の中で一番印象に残ったのが
「空手と合気道の違い」
という内容。
空手は相手が殴りかかってきたら、それをブロックして
殴り返す。しかし、合気道は相手が殴りかかってきても、
ほんの少し脇に移動してパンチを避け、バランスを保つ。
合気道型コミュニケーションの方がずっと効率がよく、
調和が取れている。
私もこれを心がけていこう!


☆ IQ<EQ
☆ 自分を知ろう!
☆ 広い観察力
お薦め度:★★★★☆+テクニック


マインドマップ
MM活用術


つぶやき
コミュニケーションにおいて、私が身につけたいのは、
・聞く力
・比喩力
の2つ。
どちらも今の自分には足りない。
意識して地道に身につけたい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*