30代から始める「頭」のいい勉強術 和田秀樹著


要は使いかた次第


30代から始める「頭」のいい勉強術 30代から始める「頭」のいい勉強術
和田 秀樹

三笠書房 2002-03
売り上げランキング : 237080
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


学生時代は試験やレポート提出などの目的で勉強をする。
社会人になると始めは覚えなきゃいけないことが沢山あるし、
興味がある分野も沢山ある。だから勉強する。
その勢いが衰えてくるのが30代であり、
30代以降は「大人の勉強」をすることで効果的に学習できる。
それは・・・。というのが本書の趣旨です。


「年をとると、頭が悪くなる」
よく聴く言葉です。私も最近はたまに使います。
しかし、脳科学的にはこれは単なる「思い込み」らしいです。
著者は脳科学、認知心理学の専門家だけに説得力のある言葉です。
「脳細胞は減少していっているが、それは使ってない脳細胞で、
脳の贅肉を落としているだけ」

だそうです。
30代というより、社会人になると学生とは生活環境ががらりと
かわるため、勉強の仕方も変えなければなりません。
まず、必要なことは次の3つです。
1.人生を企画する力
2.知的快感を要求する力
3.思い込みを排除する意思
「人生を企画する力」
社会に出てからの勉強は長期戦になります。
そのためにはどのような知識を身に付け、それを自分の人生に
どのように生かすか?という「企画力」が問われます。
この「企画」を行わないと興味があり、勉強しても適切な
アウトプットをすることができません。
「知的快感を要求する力」
とにかく面白いと思うものを追求する。
勿論、1.と矛盾してはだめ。
「思い込みを排除する意思」
スランプに陥ったときに悪い考えを捨てる。
新しいものを学ぶときは「高原現象(※)」はつき物。
※学習の過程における一時的な停滞現象。
以上の3つをベースに限られた時間の中で、効果的に学習していく
「大人の勉強法」ノウハウが本書には書かれています。
ノウハウの中には「生産型読書」というものがありました。
「生産型」とはアウトプットを伴う読書のこと。
知識の蓄積の必要がない読書は「消費型」。
どちらが良い、悪いということではありません。
自分に有益な本の選び方、また合わなかったときの
「損切り」の考え方など。「ほ~」と思うことが結構ありましたが、
私は「貧乏性」なので中々実践は難しそうです。
「もう年かな~」と口にし始めた人にお勧め。


☆ 頭の良し悪しと年齢は関係ない
☆ 記憶の目的
お薦め度:★★★★☆+アウトプットを目的とした勉強


マインドマップ
今回はなし


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*