早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法 松山 真之助著


自分時間を作るのはちょっとしたこと


早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法 早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法
松山 真之助

祥伝社 2004-06
売り上げランキング : 65238
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tool


「やりたいことはたくさんあるけど、やる時間がない」と思ってる人、

私を含めたくさんいると思います。特に同業者には・・・。

この本では、「新相対性理論」と題して、いままで意識していなかった「無駄な時間」を

「自分時間」に変えるヒントが書かれている。

また、「自分時間」を早朝に設ける理由も書かれており、あまり朝が強くない私は

「なるほど~」と思わず感心してしまった。


この本を読んで、「いつかやろう」と考えることをやめた。
「いつかやろう」と考えることは「10年経ってもやらない」ことと同じこと。
「いつかやろう」をすぐにやることでいろいろなフィードバックを得ることができる。

「出せば成る」
この言葉もすごく印象的なものであった。
人に見せようと考えると、物事への取り組み方が変わってくる。
人に伝えるためにはどうしたらいいのか?そう考えながら
物事に取り組むと自ずといろいろ工夫をするようになる。

このページも「出せば成る」の試みのひとつになるのかな?

「1日24時間じゃ足らない」というのが口癖の人にお勧め。

マインドマップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*