企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得 田坂 広志著


企画は実現して初めて企画である


企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得 企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得
田坂 広志

ダイヤモンド社 2004-03-11
売り上げランキング : 18827
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 


「企画力とは人間と組織を動かす力」

 

この本の冒頭でこのような定義があり、企画に対する間違った認識を正している。

私は仕事で企画・提案といったことの経験はないので、あまり意識したことはないが、

「立案」することが企画でなく、「実現」することが企画であるということが深く記憶に残った。

フィージビリティ(実現可能性)を考えなければ、どんな企画でも提案はできる。

ただ、そのような企画には「言葉の軽さ」や「無意識の無責任さ」が見える。

「知識」が豊富だが、「智恵」がないコンサルタントが世の中にはたくさんいる。

この本の中ではこのような内容の記述があるが、

以前参加したセミナーにて、「使えるコンサルタントとそうでないコンサルタント」と

いった内容で、某ユーザ企業のシステム部門の人がプレゼンをしていた。

恐らくその人はコンサルタントが持ってくる提案の裏にあるものを

感じる力を持っているのだと思う。

「自分の仕事は提案だけで、実現に関しては知らない」なんて考えを

もっているコンサルタントは「智恵」が伴わない頭でっかちな人だろう。

私もそうならないように気をつけよう。

「企画ってどういうもの?」となんとなく知ってるけど、
どうやって作るのか曖昧な方にお勧め。

マインドマップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*