プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択 山本啓二著


モノづくりのプロを続けるために


プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択 プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択
山本啓二

日経BP出版センター 2004-11-25
売り上げランキング : 72174
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 


システム開発に携わっている人ならば、「アーキテクト」という言葉を

聞いたことがあるだろう。ただその仕事内容、役割について正確に

把握してる人は少ないと思う。ITSSが策定されてからその定義は割りと

わかりやすくなったが、それでも曖昧な部分は多い。

この本では、アーキテクトがシステム開発の各フェーズにおいて、

どのような役割をもっているか、どのような思考で仕事をしていくかが

仮想ストーリーベースで書かれているため、非常にわかりやすい。

著者が開発に携わってきた人なんだな~と思える言葉がいくつも書かれている。

例えば、
・油断していると人買いがやってくる・・・が、油断していようがいまいが
結局逃れるすべなし

・いったんトラブルに陥ったプロジェクトは悪循環に陥り、
すべての希望が失われる

など、この業界の人ならば他人事とは思えないことが書かれていて共感を覚えた。

「モノづくりにずっと携わって行きたいが、技術だけ追いかけていていいのか?」

と今後のキャリアに不安を持っている方にお勧め。

マインドマップ

ITSSについて:ITSSユーザ協会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*